レンタルサーバーやSSL関係のお役立ちコラム

さくらのホームページ教室

さくらのレンタルサーバ アップデート情報 2017年~2019年

さくらのレンタルサーバではお客様に快適にご利用頂けるよう、機能追加やソフトウェアバージョンアップを継続的に行っています。お知らせやプレスリリースで紹介しきれない細かいポイントまで、本記事でご紹介します。今後は半年程度に1回更新する予定ですが、今回は初回ということで2017年頃からの機能追加などを一挙に掲載します。

機能追加

PHPモジュールモード(高速化)対応

2018年4月、さくらのレンタルサーバではPHPモジュールモードの提供を開始しました。これまでビジネスプロ、マネージドのプランでしか選択できなかったPHPモジュールモードの利用がスタンダードプラン以上で可能になり、WordPressなどのPHPアプリケーションがより高速(最大16倍)に実行できるようになりました。

Webサイトを速くする、さくらのレンタルサーバ | さくらのレンタルサーバ

※スタンダードプランは2018年4月18日以降お申し込みの場合のみ対応しています。

スタンダードプラン新ハードウェア提供開始

2018年4月、PHPモジュールモードの提供に合わせてスタンダードプランにおいて、メモリとCPUを増強した新ハードウェアでの提供を開始しました。

Webサーバー構成変更

2018年3月、これまでのApacheのみの構成を変更し、nginx+Apacheの構成に変更いたしました。これにより効率的にWebサーバーが稼働するようになったほか、一部さくらのレンタルサーバオリジナルだった環境変数等が一般的なレンタルサーバーと同じ仕様になりました。

コンテンツブースト機能提供開始

2020年6月、WordPressサイトはもちろん、全Webコンテンツの表示を高速化、さらに大量アクセスによるエラーも回避できるCDN(Content Delivery Network)連携を簡単に行えるコンテンツブースト機能をリリースしました。これまでサイトの表示速度に不満のあった方も、この機能によりPageSpeed Insightsのスコアなどが改善し、高速表示が見込めるようになります。 さらに安定性の面でも、天気情報サイトや動画配信サイトなどで実績のあるさくらインターネットのCDN、ウェブアクセラレータと連携しているので大幅に向上します。これまでアクセス過多で503エラーなどが多発していたサイトでもコンテンツブーストの設定により改善が見込めます。

コントロールパネルリニューアル

2018年5月より提供していた新コントロールパネルのベータ版を、2019年3月に正式版として提供開始しました。現在、新旧両方のコントロールパネルを提供していますが、近い将来旧版は提供終了を予定しているため、早めの乗り換えをお願いしています。

新コントロールパネル正式版提供開始のお知らせ | さくらインターネット

無料SSL(独自ドメイン、さくらのサブドメイン)

2017年10月に独自ドメイン、2018年8月にさくらのサブドメインの無料SSL化に対応しました。これによりお客様の持ち込みドメインはもちろん、さくらのレンタルサーバで提供しているサブドメイン機能においてもSSL(https)が利用できるようになり、初期ドメインのSSL機能と合わせてレンタルサーバーに登録した全てのドメインにおいて無料SSLに対応しました。

無料SSLサーバー証明書 Let’s Encrypt  | さくらのレンタルサーバ

さくらのサブドメイン共有SSL機能追加のお知らせ | さくらインターネット

WordPressインストール簡略化

2019年6月、新コントロールパネルで提供しているWordPressクイックインストール機能を改修し、これまで対応していなかった独自ドメイン直下(サブディレクトリなし)へのWordPressインストールに対応しました。また、2019年9月にはWordPressクイックインストール時にデータベースを作成できる改修を行い、より簡単にWordPressをインストールできるようになりました。

バックアップ&ステージング

2018年1月にバックアップ&ステージング機能をリリースしました。8世代のWordPressサイトのバックアップに無料で対応し、WordPressサイトを自動的に検出してデータベースも含めたスナップショットを簡単に作成できます。また、スケジューリング機能にも対応し定期的なバックアップができるようになりました。

さらに、ステージング機能を利用するとバックアップしたサイトを別URLで完全再現することが可能で、WordPressテーマ、プラグイン等の動作確認やクライアントへのデザイン確認などを安全に実施することができます。

バックアップ&ステージング | さくらのレンタルサーバ

さくらぽけっとPC版

2018年8月、さくらぽけっとがPC版ブラウザに対応し、パソコンから利用できるようになりました。さくらぽけっとはさくらのレンタルサーバの余っているディスクスペースをクラウドストレージのように利用できる機能で、スマホの画像をアップロードして容量を節約するといった利用が可能です。

「さくらぽけっと」がウェブブラウザに対応し、パソコンから利用可能に | さくらインターネット

データベースアップグレード機能

2019年10月、MySQLデータベースをバージョン5.7へ移行できるデータベースアップグレード機能の提供を開始しました。これにより、MySQL5.5から5.7への移行がスムーズに行えるようになっております。

「データベースアップグレード機能」追加のお知らせ | さくらインターネット

マルチドメインの作成可能数拡大、データベース最大容量緩和

2018年6月、マルチドメインの作成可能数を拡大し、データベースの最大容量を緩和しました。1アカウントで利用できるドメインの数とデータベース容量が増加し、より多くのWebサイトを1つのアカウントで利用できるようになりました。

ドメイン数およびデータベース(MySQL5.7)の総使用量拡大のお知らせ | さくらインターネット

迷惑メールフィルタ強度カスタマイズ対応

2018年6月、迷惑メールフィルタ機能において、強中弱の3段階でフィルタ強度を変更できるようになりました。

迷惑メールフィルタの強度設定機能追加のお知らせ | さくらインターネット

バージョンアップ

OS(FreeBSD9→11)

2018年より、レンタルサーバ/マネージドサーバのOSをFreeBSD9から11へのアップグレードを開始しています。

【さくらのレンタルサーバ】FreeBSDのアップデートに伴う変更点 | さくらのサポート情報

※OSバージョンが古い場合でもセキュリティメンテナンスは実施しております。

PHP

PHPについては随時最新バージョンの提供を行っております。2020年5月現在の最新バージョンは7.4です。4.4.x、5.2.x、5.3.x、5.4.x、5.6.x、7.2.x、7.3.xの利用も可能です。

MySQL

MySQLデータベース
2018年1月、MySQL5.7の提供を開始しました。

「データベース機能」における「MySQL 5.7」提供開始のお知らせ | さくらインターネット

TLS(下位バージョンの提供終了)

当社全体の取り組みとしてSSL/TLSの提供バージョン見直しを行いました。これにより脆弱性のあるTLS1.0/1.1の提供を終了(SSLv3はすでに提供終了済み)し、現在はTLS1.2を提供しています。

【重要】さくらインターネットが提供する各種サービスにおけるTLS1.0/1.1無効化のお知らせ | さくらインターネット

Ruby

2018年12月5日以降に新規で提供しているスタンダードプランについては2.5となっております。

基本仕様 | さくらのサポート情報

2020年5月現在の機能追加、バージョンアップの状況は以上の通りです。今後も利便性向上のために機能追加を継続して行う予定ですのでご期待ください。

Promotion

執筆 谷口 元紀

さくらインターネット大阪本社勤務。さくらのレンタルサーバ、SSL/ドメイン、CDNのサービス企画を担当しつつライター、イベントでのスピーカーなども兼務。